「ほっ」と。キャンペーン
珈琲日和
biyorina.exblog.jp

「おいしいコーヒーで、毎日きちんとホッとする。」
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
LINK
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
日和冩眞舘05
日和冩眞舘
photo 松本あき
c0137885_1755381.jpg

今号の写真は、昨年11月に禁酒商店で個展を開いた松本あきさんの写真です。
珈琲日和Vol.05より
[PR]
# by coffeebiyori | 2009-02-06 17:58 | 写真のこと
MATTYさんの「お家で美味しく淹れる珈琲」
珈琲日和第5号から、お家での美味しい珈琲の淹れ方を紹介します。
MATTY風ですので、採算度外視です。(笑)

STEP 1 用意するもの
深煎りの珈琲豆(細挽き)ネル、サーバー、ポット、大きめのスプーン。
c0137885_102280.jpg


STEP 2 ネルにスプーン山盛り3~5杯(ケチらない)の豆を入れて、お湯を中心にだけ細く注ぐ。
c0137885_1024498.jpg


STEP 3 豆がモコモコと膨らんだら、そこで一旦注ぐのをやめて蒸らす。
c0137885_1034348.jpg


STEP 4 豆が凹んできたら再び中心に細く注ぐ。グルグルと回して注がないこと。
c0137885_1041169.jpg


STEP 5 3→4を数回くり返して2杯分の珈琲が落ちたらネルをサーバーから外して、できあがり。
c0137885_1043616.jpg


すっごいアバウトな説明ですが、お湯・豆の量はお好みで。
ネルにスプーン山盛り3~5杯(ケチらない)←この部分大切です。
[PR]
# by coffeebiyori | 2009-02-05 10:08 | 珈琲のこと
誰かのための、特別な一杯
珈琲日和 第5号
既に、カウンターにはなくなってまだ読んでいないという方もいらっしゃるでしょう。
第5号の特集は・・・

ドリップ珈琲を淹れる
誰かのための、特別な一杯

木枯らしに、アウターの襟を立てる季節。
帰り道に、深煎りの珈琲豆を手に入れて
いざ、珈琲を淹れむとすの巻。
c0137885_16541480.jpg

怒髪天を衝く。
怒りのあまり髪が逆立つという。思うにそれって瞬間発火。燃え広がる野辺の火じゃなく、怒り心頭に発するファイヤー。一瞬にして脳天に抜ける。
「あったまきた!」って言えたら終わったのに、怒り損ねた。後からじゃ文句にしかならない。わぁわぁ言えばうるさいし、ぶちぶち言うのはしつこいから、仕方なく呟いてみる。ドハツテンヲツク、と。天を衝くにはとてもエネルギーが足りない。
怒りが喉元にこみ上げたらどうするか。友人1
はぐっと飲み込んであえて凄みにするという。顔色すら変えない。友人2
は0.8秒でキレるという。ゼロコンマハチなので周囲は気づかず、でも溜めない。友人3
は切符を買うという。ぷいと旅に出てあほらしくなって帰るのだそう。みんなエラいなー、あたしはあたしなりにどうしようと思ってると、ピンポーンとやってくる夜の客。
そこで珈琲を淹れる。
ポットにお湯を湧かしてセッティング。豆を挽いて、お茶の作法よろしく仕度万端整えたら、さあ。熱いお湯を真っ直ぐ落とす。みるみる粉がふくらんで、挽き立ての珈琲が深呼吸するように膨れてはしぼみするうちに、コポコポとよい音がして香りがひろがってゆく。
丁寧にいれたいつもより濃い深煎りの豆。美味しいでしょ。特別な一杯だぞ。天衝くほど美味く淹れられるようになったら、素敵だな。

珈琲日和 第5号より
[PR]
# by coffeebiyori | 2009-01-21 16:55 | 珈琲のこと
shopcard
毎年、庵主MATTYさんの写真をショップカードにしているラヴィアンカフヱですが、今年はほのぼのとしたかわいい写真です。
c0137885_10564995.jpg

これは、MATTYさんの飼い猫だそうですが、「猫写真展」など開いてみればおもしろいかと思ったりしますが、やっぱり「動物」と「子供」の写真は反則技でしょうかね。(笑)

さて、珈琲日和第5号も既にカウンターにはなくなってしまい、次の6号も予定より早く、今月中にできあがりそうな勢いですので、5号の内容をそろそろ、このブログで紹介していきたいと思います。
[PR]
# by coffeebiyori | 2009-01-16 11:05 | 写真のこと
メニュー あらためて
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

さて、2009年を迎えてラヴィアンも2日から営業しておりますが、今日から通常通りの営業となっております。
今年も、私たちの憩いと楽しみの場としてますますの発展を願いたいものです。
ところで、いまさらではありますが、カフェメニューをご紹介します。

MENU
オリヂナルブレンド・・・・・¥400
クラシックブレンド・・・・・¥500
ホットミルクコーヒー・・・・¥500
ホットミルク・・・・・・・・¥400
アイスコーヒー・・・・・・・¥500
アイスミルクコーヒー・・・・¥500
アイスミルク・・・・・・・・¥400
コカコーラ・・・・・・・・・¥400
ジンジャーエール・・・・・・¥400
トマトジュース・・・・・・・¥400

クッキー(5枚入り)・・・・・¥150
ミニパウンドケーキ・・・・・¥200

禁酒會館のカレー&ライスと
珈琲のセット・・・・・・・¥1200
(カレーは、土・日曜はやっていませんので、ご注意)

なお、現在
季節限定 ウインナーコーヒー・・・・・・¥600
がメニューに加わっています。少し暖かくなる頃までの限定。(4月までやるかなぁ?)
[PR]
# by coffeebiyori | 2009-01-06 12:15 | ラヴィアンカフヱ
ラヴィアンカフヱ年末年始のご案内
ラヴィアンカフヱからの年末年始のお知らせです♪

年末は28日(日)まで営業いたします。
その28日(日)は、中庭で『禁酒會館の餅つき大会』を開催いたします。
どなたでもご参加頂けますので、ラヴィ納めついでに中庭へお越しください。

そして年始は、2日(金)正午より営業いたします。
尚、2日(金)から4日(日)までは午後5時までの営業となりますのでご了承ください。
6日(火)からは通常通りの営業となります(カレーも6日からとなります)

さて、今年も残り少なくなって参りましたが、来年もラヴィアンカフヱをどうぞ宜しくお願いいたします。

とのことです。
珈琲日和第6号は、只今鋭意製作中!
2月の発行予定です。
[PR]
# by coffeebiyori | 2008-12-25 17:36
サミ子バッグ展
はい、常連さんにはおなじみの「ママちゃん」ことサミ子さんのバッグ展が始まります。
ラヴィアンカフヱのお母さんサミ子さんが編み上げるバッグ・・・おしゃれで、かわいくて、なのに何処か懐かしかったり・・・。ニットの季節にぴったりのバッグたちです。

サミ子バッグ展
12/9(火)~14(日)
禁酒商店にて

c0137885_20112274.jpg


ニットのバッグにカウンターではウインナーコーヒー・・・
木枯らしが吹く季節、でも暖かなラヴィアンカフヱです。
[PR]
# by coffeebiyori | 2008-12-04 20:27 | 雑貨なんかのこと
coffee time music and sweets vol.04
coffee time music
かずみ と まや / L'Amitie (アミチエ)
c0137885_17372160.jpg

新しい季節の始まりは、新しいアミチエ(友情)の始まりを期待させてくれる。
目前に広がる無限の世界。そして実感するだろう、「人生は出会いの芸術」だと。
(TRAMP)

珈琲日和第5号もカウンターになくなってしまったようですが、第4号も手に入らなかったという方にバックナンバーをこのBLOGでお届けしています。


coffee time sweets
c0137885_1742466.jpg

かすていら
ひと昔前は、贈答やお持たせの定番。たまごのふんわりとザラメの食感。お店ごとに工夫の光る名脇役。お気に入りの和菓子屋さんを見つけて買って帰ったら、冷蔵庫で少しだけ冷たくして。

さて、昨夜は珈琲日和第6号に向けての編集会議でした。
鴨鍋をつつきながらの会議とはまたオツなものでしたね。ともすれば、次号のスィーツは何にするか、食べたいものの列挙に暇がない・・・編集会議というよりはただの飲み会のようになりがちなところ、なんとか大筋は見出せましたが、これからロケハンやら取材やら忙しくなります。
1月半ばか2月始めに発刊できればと思っています。
第5号も好評のうちに在庫がなくなったので、ぼちぼちとこのブログで内容を紹介していきたいと思います。
[PR]
# by coffeebiyori | 2008-12-02 17:48 | 音のこと
日和冩眞舘04
c0137885_210395.jpg


photo 竹中俊一郎さん
今回は竹中俊一郎さんです。これは、ポラロイドでしょうか、せつないフレーズが好きだといつも言っている竹中さんらしい写真じゃないでしょうか。

珈琲日和 第4号より
[PR]
# by coffeebiyori | 2008-11-27 21:04 | 写真のこと
珈琲日和第5号 特集のこと
珈琲日和第5号を手にとっていただけたでしょうか?
今回の特集
「ドリップ珈琲を淹れる」。
秋の夜、膨らむ珈琲の泡や香りを楽しみながら
大切な誰かの為に丁寧にいれる淹れる一杯の珈琲・・・

ラヴィアンカフヱのお客様でもあるイラストレーターの村上トモミさんに今回は登場いただきました。といっても、イラストではなく本人をモデルとして・・・。
トモミさんのブログでも紹介されています。

Note 
イラストレーター村上トモミの活動状況や、
製作に関する事を徒然なるままに綴っていこうと思います。
よろしくお付き合いくださいませ~。

レトロ、乙女なイラストで人気のトモミさんの展覧会情報などいち早くアップされていますので、チェックしてみてくださいね。
[PR]
# by coffeebiyori | 2008-11-26 14:12 | 本のこと